No.11/ウェルかめ「美波町」

hometown11-lhometown11-2

今回は、ご近所さまの街「美波町」のご紹介です。美波町は、2009年9月28日から放送開始した、81作目の連続テレビ小説『ウェルかめ』の舞台となった街です。太平洋に面した海辺の小さな漁村は、以来全国から注目を集めています。
うみがめの産卵地として有名な「大浜海岸」と四国88ヶ所第23番札所「薬王寺」が観光の柱で、「大浜海岸」は毎年5月中旬~8月中旬にかけて産卵のためアカウミガメが訪れます。白砂の海岸は南国詩情あふれる景勝地としても有名で、日本の渚百選にも選ばれています。
「薬王寺」は、815年弘法大師がここに足を止めて一宇を創建し42歳の厄除け祈願のため薬師如来座像を刻んで安置したことが起源とされ、一年中厄払いの参拝者やお遍路さんがあとをたちません。
何よりこの街は、漁師町としての風情を色濃く残した街で、美しい海と人情豊かな人々がいつでも「ウエルかめ」に出迎えてくれるのが魅力です。
徳島においでの際は、勝浦町とちょっと足をのばし美波町にもお出かけください。

美波町ってこんなところです

美波町(みなみちょう)は、海部郡の日和佐町(ひわさちょう)、由岐町(ゆきちょう)が合併して誕生した。 四国霊場の薬王寺に参拝する遍路で門前町は賑わい、室戸阿南海岸国定公園でもある海岸ではアカウミガメが産卵に訪れる。日和佐うみがめ博物館などウミガメで町おこしを行っているほか、漁村留学による地域おこしが成功例として全国から注目されている。

歴 史 2006年(平成18年)3月31日 海部郡の日和佐町、由岐町が合併して誕生。
人 口 8,726人(平成17年)
友好都市 ケアンズ市(オーストラリア)、三豊市(香川県)、恩納村(沖縄県国頭郡)
交 通 JR徳島駅から車で1時間20分 JR牟岐線で2時間13分

hometown11-map